建築と木のものづくり

街で伐られてしまう木を活かす。檜と杉の本当の魅力を提示する。いまここにあるものでつくる、私たちのこの時代、この土地ならではのものづくり。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

壁掛け花台・植木鉢ホルダー、試作2号機  

シェーカーのキャンドルホルダーを小さな植木鉢ホルダーサイズにした壁掛け花台、製品化を目指した試作第2号はナラ材で。ナラ材は爽やかでリラックス出来る雰囲気の空間作りに最適な素材のひとつでありながら、同時に重厚さも兼ね備えています。小さな前板の接合方法は、オリジナルは釘ですが、こちらは竹釘で。オリジナルははるかに大きいサイズなので部材に厚みがあり、釘打ちや竹釘打ちも容易いのでしょうが、こちらの板の厚みはほんの5〜6mm、さらには斜めになっているので、かなりの慎重さを要します。

flowerpotholder01.jpg

一見すると簡単に作れそうなプロダクトなのですが、実はそれなりの難しさを秘めています。ひとつかふたつ、こねくり回すように手を掛けて作るのであればなにも考える必要はなくできるでしょう。しかし、ある程度リーズナブルな価格で提供したいと思うと、それなりに素早く、そして綺麗に、更にはハタ金やクランプなどを使わずに製作できるようにしなければなりません(ハタ金やクランプは数に限りがある上に、いちいちこんなものを調整しながら締めていたのでは、時間が幾らあっても足りません。また部材が斜めに組み合わされているので、単純に締めることも出来ません)。部材が薄いので、ホゾを作って部材の位置を決めることも簡単ではありません。このあたりのことをどうクリアするのかを検討したのが、今回の試作品でした。
スポンサーサイト

category: 木工・製作

tb: 2   cm: 0

壁掛け花台・植木鉢ホルダー(シェーカー家具の復刻)  

flowerpotholder00.jpg

シェーカーのキャンドルホルダーを復刻して、壁掛けの花台・植木鉢ホルダーにしてみました。シェーカー家具の資料にあるキャンドルホルダーは、これの倍くらいの大きさがあるかなり大きなものですが、小さくしてみたら壁に掛けて植木鉢を置くのにぴったりでした。

category: 木工・製作

tb: 5   cm: 0

解体現場で丸太をGet! (都市森林資源の回収)  

実家の近所のこのお宅、大きな敷地に木がいっぱいあって、ちょっと鬱蒼としていて、庭に設置された大きな鳥かごではたくさん鳥を飼っていたりして、子供の頃から印象に残っていたお宅でした。

kaitai01.jpg

先日、そのお宅の周りに仮囲いが作られて、古い建物の解体がはじまりました。敷地に沿って生えていた太い木々は避けるようにして仮囲いが設置されていましたので、ああ良かった木は残るんだなぁと思って見ていました。が、しばらくして現場の前を通ったら、、、

kaitai02.jpg

すっかり全部、一本残らず木は伐られてしまった後でした。

kaitai03.jpg

気を取り直して解体業者の親方に声を掛け、かくかくしかじかと事情を説明し、伐った木を棄てに行くようならぜひ譲って下さいとお願いしてみました。親方はとてもイイ人で、ぜひ持ってって! 運びやすいように切っとくよ! と快くOKしてくれたばかりか、またどこかで大きい木を伐ったら連絡するよとまで言って下さいました。

kaitai04.jpg

親方が言うことには、頼まれたから伐っているけれど、大きな木を伐るのはやっぱり気持ちの良いものではないとのこと。今回などは、近所の人に「伐っちゃうの? バチ当り!」とまで言われたんだそうです。しかし、現場で作業にあたっている方々は、なにも好きで伐っているわけじゃない。更地にして分譲した方が良いというディベロッパーとその顧客たる総体としての私たち消費者の側にこそその原因があるわけで。

kaitai06.jpg

量が多かったので、関東にいる木工仲間にも手伝いに来て頂いて、用意してきた軽トラに積めるだけ積みました。雨の中、伐られたばかりの生木はことのほか重く、1mそこそこの長さでも、大人二人で軽トラの荷台に上げるのは、ちょっとくじけそうになるくらいのキツイ作業です。

kaitai05.jpg

白樫など広葉樹に加えて、腕ほどの太さのツバキも頂きました。ツバキなどは普通に木工で用いられる材ではなく、材木店に行ってもまず置いてある木ではありません。こういう機会があればこその材料です。そういう意味では白樫もまた、山の製材所に行っても手に入る材ではなく、里山や街でこそ目にできる樹木です。木材としては鉋の台や玄翁の柄に使われるなど、極めて高い強度を誇る良材ですが、日本で使われている樫材のほとんどは輸入材であり、貴重な国産の樫材は本来大切にすべきものなのです。

太い木も細い木も、まだまったくなにに使うかは未定なのですが、とりあえずは板に挽き、風通しを良くして乾燥させなければなりません。

category: 街で伐られた木を活用

tb: 2   cm: 0

カフェスローでのワークショップ  

カフェスローでのワークショップ、おかげさまでとても楽しい時間となりました。
あまりにも忙しくて、ほとんど写真を撮る暇がありませんでしたが、カフェスローは本当に素敵な場所でした。コンセプトというか主張がハッキリしているにもかかわらず、良い意味でのユルさもあって風通しも良くて、そこに集うお客様もスタッフさんもとてもいい感じで、そんな場所でのイベントに呼んで頂くことができてとても幸せでした。

cafeslowworkshop.jpg

参加して下さった皆様、作品をお買い上げ下さいました皆様、スタッフの皆様、出展者の皆様、本当にありがとうございました。

今後のワークショップについて

category: ワークショップ

tb: 5   cm: 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。