建築と木のものづくり

街で伐られてしまう木を活かす。檜と杉の本当の魅力を提示する。いまここにあるものでつくる、私たちのこの時代、この土地ならではのものづくり。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

一枚板の木製ごみ箱、蓋付きができました  

trashboxkuri04.jpg

好評を頂いている一枚板のごみ箱、今回の製作では蓋を追加してみました。
蓋に空けられた丸穴は手かけでもありますが、小さなゴミならそのまま入れることもできます。

trashboxkuri03.jpg

これまで通りの抑え縁も付いているので、蓋なしで使うことも可能です。その場合、蓋は本体の底に収納できるようになっています。

trashboxkuri02.jpg

今回の素材は、先日丸太で買って専用に製材して頂いていた飛騨のクリ材。クリは硬く丈夫でありながら、堅木の広葉樹としては重量が軽いため、日常の取扱いも楽でごみ箱を作るには良い材です。軽快感のある爽やかな色調も魅力です。

trashboxBW02.jpg

オーダーを頂いていたため、ブラックウォルナットのごみ箱も特別に少しだけ製作しました。

→クリとブラックウォルナット、一枚板の木製ごみ箱

スポンサーサイト

category: 木工・製作

tb: 5   cm: 0

ガラスショーケース(Mini Green House)  

MGH04.jpg

多肉植物など、観葉植物を入れられる室内用ミニ温室。ガラスショーケースですが、植物のために目立たないところに通気用のスリットが開いています。

MGH03.jpg

打合せによってその都度、スリットの量や場所は異なるのですが、今回は床面の左右に控えめに。

MGH02.jpg

扉の木材はできるだけ細く、視界を妨げないように。補強も万全。

MGH06.jpg

この後、植物好きのオーナーの元に旅立っていきました。

→Mini Green House(ガラスショーケース)

category: オーダー家具

tb: 7   cm: 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。