建築と木のものづくり

街で伐られてしまう木を活かす。檜と杉の本当の魅力を提示する。いまここにあるものでつくる、私たちのこの時代、この土地ならではのものづくり。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

小さな厨子  

memorialbox01.jpg

大切なお客様の切実な思いから生まれた8角型の厨子(ご遺骨入れ)です。

シンプルな美しさ、華やかさのある上品な美しさ、掌に抱くことが出来る大きさと柔和さ、
お客様とのお話しの中から目指すことにしたのはそのようなことでした。

memorialbox06.jpg

実際かなり苦労してこの形にたどり着きました。八角形という案ははじめからあったのですが、仏具屋さんなどで扱っている宗教色が強いものの印象が強く、当初は敬遠していました。他の形の造形を散々試してスタディして、一周回ってやっぱり八角形に落ち着いたという顛末で。

memorialbox05.jpg

memorialbox04.jpg

八角形の場合、部材の切断角度がシビアで四角形より格段に面倒です。コンマ1度でも角度が狂うと、全体でその8倍になってしまいます。

memorialbox03.jpg

素材は桜と栃(トチ)。上部の蓋のような部分を白くてきらめきのあるトチにしたのは、天窓のような雰囲気にして、故人の魂を閉じ込めるのではなく、どこか開放的に、天に通じているような雰囲気を出したかったからです。

memorialbox02.jpg

蓋の留め具は金物も検討しましたが、結局木で作りました。

memorialbox07.jpg

素材の組合せも相当な数を試して、実際に製作しました。クルミとブナ、桜とトチ、桜とブナ、桜とカリンなど。どの組合せもそれぞれに美しく、とりわけ森の母、森の女王などと呼ばれるブナはストーリー的にも良かったのですが、悩んだ挙げ句、伺っていた故人のイメージに最も近いと感じられた桜とトチのものを納品させて頂きました。

お客様には大変満足して頂くことができたのですが、なにしろ、会ったこともない人(私)に故人のイメージがきちんと伝わっていたこと、それが形になったということに驚かれました。お互いに不思議だよね〜と言いつつも、心のどこかでそれほど不思議とも思っていない感じもまたありました。人と人のコミュニケーションの不思議と奥深さを垣間見た思いでした。

スポンサーサイト

category: オーダー家具

tb: 6   cm: 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。