建築と木のものづくり

街で伐られてしまう木を活かす。檜と杉の本当の魅力を提示する。いまここにあるものでつくる、私たちのこの時代、この土地ならではのものづくり。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

世田谷からなるべく近い製材所を求めて  

都心部で伐られた木を木材として利用できるようにするために、今日は一日、東京の製材所めぐりをして参りました。製材所と名が付いていても、丸太を製材する設備のあるところは都心部にはもはや見あたらないのです(ありましたらぜひ教えて下さい)。

青梅市やあきる野市にはあるけれど、世田谷からなるべく近く、ということで期待をかけてやってきました町田市。が、無駄足が続く。

seizaisyo091702.jpg

あきらめかけつつ最後に訪れたのが、Googleストリートビューで見た限りではとても製材設備などなさそうな住宅街の綺麗な材木店。ダメもとで飛び込んだら、、、なんと凄く良い感じ。気持ちよく仕事してもらえそうな手応えアリ。まだ諦めなくて良さそう、前に進めそう。

seizaisyo091703.jpg

仮に丸太をタダでもらっても、運搬、製材、乾燥、保管などのコストを考えるとすべて準備が整った木材を購入した方がはるかに安いということは分かっている。だから街の木は材木としては使われない。普通に山で大量に伐られた木でさえも、価格では外国材に勝てないのだから、まして街の木なんて無理。そんなことは常識。

でも、実際にやってみなければ、2倍のコストなのか、3倍のコストなのかもっとなのか、それで作った製品の価格に幾ら上乗せすれば可能になるのかも分からない。

seizaisyo091701.jpg

やってみるまでもなく無駄だと分かり切っている、上手く行かないと分かっている、事情通になればなるほど、その世界の常識にとらわれる。が、そんなの無理だよ、成立しないよと言う人のほとんどは、自分自身でその無理っぽいことを試みたりはしていないもの。

実際、あたりまえと思われるようなことでも、イチから自分でやってみると、なんらか違うことが見えてくるものです。そういうことがこれまでもあったのだから、これからもきっとあるでしょう。

seizaisyo091704.jpg

きっと前に進める、あらためてそう思えた一日でした。
スポンサーサイト

category: 街で伐られた木を活用

tb: 6   cm: 0

新しい木のお皿  

試作の段階から随分時間が経ってしまいましたが、ようやく新しい木のお皿を数種類、送り出すことができそうです。

newplate091602.jpg

くるみのショープレート。縁の部分にあえて荒木の部分を残しています。

newplate091603.jpg

ブナのプレート。やや深さがあって中央部がぽっこり丸く彫り込まれています。

newplate091601.jpg

シウリザクラのプレート。デザートやオードブル、小菓子などに。

陶器の洋食器を参考に、どんな風に使おうか、お料理や御菓子を盛りつけようか、インスピレーションが刺激されるようなお皿を目指しましてみました。

木のお皿/BIKAKU FURNITURE

category: 木の食器・テーブルウェア

tb: 6   cm: 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。