建築と木のものづくり

街で伐られてしまう木を活かす。檜と杉の本当の魅力を提示する。いまここにあるものでつくる、私たちのこの時代、この土地ならではのものづくり。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「カフェ aona 」東京の街で伐られた木、12樹種に会えるカフェ  


「街で伐られた木を活かす」という取り組みの成果が、ここにひとつの形になりました。

machinoki041414.jpg

京王線調布駅前に今月オープンする子育て支援施設、「こどもとフラット」の半分を占める大型飲食施設「Cafe aona」(運営:NPO法人ちょうふ子育てネットワーク)、ここで使われる家具のほとんどが、調布市、世田谷区、大田区の各地で伐採された街の木で作られました。

machinoki041401.jpg

世田谷区桜新町で伐られたエノキの巨木、冒頭写真の大きなテーブルは、この木で作りました。エノキの隣に倒れている桜の木は、客席テーブルの天板や椅子になりました。(製作:湧口善之、株式会社 建築と木のものづくり研究室

machinoki041409.jpg

桜のテーブルと桜の椅子。桜は伐採時の写真でもわかる通り痛みが激しく、痛んでいない部位を選り分け選り分け、ようやく出来たのがこれらの椅子とテーブルです。この現場では他にも山桜やソメイヨシノなど何本もの大きな桜の木が伐られましたが、みんなこのaonaに戻ってきています。

machinoki041403.jpg

aonaと同じ調布市で回収したケヤキ。椅子とテーブルやちゃぶ台の脚になりました。このトラックに載っているのは左からスダジイ、柿の木、栗、揚げている途中の丸太がケヤキです。スダジイは椅子に、柿の木と栗は椅子とちゃぶ台の天板になってaonaに戻ってくることができました。

machinoki041413.jpg

ちゃぶ台:柿の木、エノキ、ケヤキ、栗、桜(樹種不明)、山桜の6樹種を使用。

machinoki041406.jpg

たくさんある椅子は、桜(樹種不明)、山桜、栗、ケヤキ、エノキ、夏みかん、スダジイ、モッコク、柿の木と9種類の街の木で。街のあちこちに生えていた異なる種類の木々、皆それぞれに材の質感が異なって個性的なのですが、不思議と森のように調和しています。

machinoki041416.jpg
(はんこ製作:Garage Yokoyama エノキにはいつもたくさんの小鳥が集まっているのです。)

ここで出会える街の木は、エノキ、山桜、樹種不明の桜2種、ケヤキ、栗(食用栗)、柿、ナツミカン、スダジイ、モッコク、クスノキ、クロマツの12種類。それぞれの家具の目立たない所に、樹種とその木が生えていた場所が記された小さなプレートを付けましたので、探してみて下さい。

machinoki041417.jpg

カフェ aona」、4月21日オープンです。子育てをテーマとする施設内にありますが、どなたでも利用可能です。お料理も素晴らしく、お母さんが毎日子供に食べさせたいと思うような、愛情溢れる家庭料理です。価格もリーズナブルなので、近所にお住まいであれば毎食ここでもいいくらい。

お近くの方はもちろん、とりわけ木や木工、家具やインテリアに興味があるという方は、ぜひ遠くからでもいらしてみて頂ければと思います。

スポンサーサイト

category: 街で伐られた木を活用

tb: 0   cm: 0

今回は完敗!  

このところずっと動いていた大規模な樹木伐採現場での回収案件でしたが、話が大きくなり過ぎたのが反対に災いしてしまい、結局ダメになってしまいました。

ki041302.jpg

捨てるだけだからということで現場レベルではOKをいただいていたのですが、公式に許可を出す出さないというレベルにまで話が上がっていってしまうと、難しいですね。窓口となってくださった担当者の方は一生懸命動いてくださったようなので期待もしていたのですが、残念です。

今回は区や都が管轄する公の現場ではありませんが、それに準ずるような現場でした。民間なら簡単なことが、公が相手だとそうは行きません。公園の木のように区や都や国が管理してるものとなると、「その伐った木、棄てるんなら下さい」というお願いに対して公式には絶対にOKが出ないのです。これまでずっとそうでした。

ki041301.jpg

たとえ捨てるものであっても特定の個人や団体や企業に渡すわけには行かないということと、モノが「廃棄物」であるだけに、譲った後に不法投棄される心配もあるということで、表立って担当部署に許可を求めると、100%Noと言われてしまうのです。

とはいえコソコソと裏でやっていたのでは街の木がゴミとなる状況に一石を投じることはできないし、通例を変えたり、事なかれ主義に抵抗するというのは難しいものですね。

まぁとにかく力及びませんでした。現場では土場の一角にたくさんの木を集めて下さっていて、あとは回収するばかりという状態であったのに、本当に残念です。

ki041303.jpg

今回は完敗ですが、今回のことを通じてまたたくさんの方と関わることができ、今回のことがなければ聴けないようなお話を伺えたり、今まで見えていなかったことが見えてきたり新いアイデアが浮かんだり、得たものもたくさんありました。この経験を今後に活かしていきたいと思います。

関係者の皆様、本当にありがとうございました。

category: 街で伐られた木を活用

tb: 0   cm: 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。