FC2ブログ

建築と木のものづくり

街で伐られてしまう木を活かす。檜と杉の本当の魅力を提示する。いまここにあるものでつくる、私たちのこの時代、この土地ならではのものづくり。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

お弁当箱の試作  

お弁当箱については時折ご要望を頂いていたこともあり、ずっと作りたいと思っていました。

lunchbox01.jpg

自分自身で使うとして思い浮かぶ条件は、まず鞄に収めやすいこと、軽いこと、それからシンプルでいいから姿が良くて、材料も気が利いていればちょっと楽しい、と言ったところでしょうか。

とりあえず何個か適当に作ってみて、大体のプロポーションや大きさは定まってきています。今回のもの(写真)は、少しだけ手元に残っていた桂(カツラ)材で作りました。桂材は山桜に似た美しい木肌を持ち、軽く、また散孔材なので水を吸いやすい大きな導管の穴もなく、お弁当箱にはまあまあ向いているのではないかと思います。

lunchbox02.jpg

桂の木は、夏はハート形の可愛らしい葉が幾重にも重なって日陰を作り、秋には紅葉も楽しめるとても鑑賞価値の高い樹木です。東京の公園でも大きなカツラの木を良く見かけます。私が以前住んでいた新宿でも公園に大きなカツラの木がありました。あるときその木の周りに落ちた種から沢山芽吹いているのを見付けたことがありました。道路に積もった泥の上で芽生えた一本を救出してマンションのバルコニーで育てた一株は、今では私の背丈よりも大きく成長しています。

lunchbox03.jpg

そんな桂の木ですが、山にはもうあまり大きなものがないようで、かなり手に入りにくくなっています。昔は沢山あったようなのですが、今となっては希少材、という良くあるパターンです。

lunchbox04.jpg

とりあえず完成。
写真だけ見ているとまるっきり山桜のようですが、触った質感は山桜より乾燥肌っぽい感じです。
これでまたしばらく使ってみて、様子を見てみたいと思います。
関連記事

category: 木工・製作

tb: 0   cm: 1

コメント

お疲れ様でした

Offrirです

深大寺おつかれさまでした

いまblog拝見し、桂のお弁当箱に興味深々でございます
我が家にも姪の名前から桂を記念樹として植えています
(鉢植えですが、バルコニーの強風にあおられながらも
なんとか育っております)

桂のお弁当箱
使用感などのレポ楽しみにしてます

伊豆も次回行って見たいです

出展、またご一緒できるといいですね

URL | nori #iAqHXQpI
2012/10/22 21:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kinomonodukuri.blog.fc2.com/tb.php/24-c1f20932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。