建築と木のものづくり

街で伐られてしまう木を活かす。檜と杉の本当の魅力を提示する。いまここにあるものでつくる、私たちのこの時代、この土地ならではのものづくり。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

お庭の山桜で家具づくり  

n111502.jpg

私の活動を知って下さったご夫婦から、お庭の山桜を伐採しなければならないので、これを活かしてなにかを作って欲しいというご依頼を頂きました。

娘さんが生まれた年に植えた木で、この家のシンボルツリーとして長く生活を共にしてきた樹なのだそうです。やむを得ない事情によって伐られることになりましたが、こちらのご夫婦は、この木を木材として活かす選択をして下さいました。

n111501.jpg

直径60cmは余裕である立派な大木。この樹が生きて来た年月と、その成長を見つめてきたご家族の思いに応えられるよう、がんばらなければなりません。

n111803.jpg

堂々たる風格。しかし街の木であるが故に、そのことがときとして生き続けることの障害となるのです。もはや自前で行うのは不可能な剪定作業、隣近所の敷地や道路にまで降り積もる落ち葉など。街の木である以上、里山の木と同じであり、原生林のようにはいかないのです。

n111804.jpg

今回は、山桜だけでなく、ほかにもたくさんの木を伐ります。写真はとても立派なサザンカ。物置を設置するために伐られます。

n111510.jpg

これまた立派な山椒(サンショウ)。

n111508.jpg

柿の木2本、美味しい実がたくさんなりますが、隣地が駐車場なのでこれもまた落ち葉とともに問題になってしまいます。

n111509.jpg

シュロ(2本)とシロダモ。カーポート設置のためと、やはり隣地への落ち葉が問題になるための伐採です。シロダモは昔、蝋燭のロウの原料となりました。

n111506.jpg

立派なキャラ。イチイの変種で樹齢が行っても細いので材木としての利用は聴いたことがありませんが、ごく小さい小物には使えるかもしれません。

n111503.jpg

なんとカリン。

n111504.jpg

ケヤキですがこちらは立ち枯れしてから時間が経っており、木材としての利用は無理そうです。

このほかにも、大きなツツジ、2本のサカキ、巨大なアオキを伐採、抜根する予定です。

n111801.jpg

本日、木こりさんと一緒に現場で打合せを行い、思い出の山桜と記念撮影を行いました。
明日の朝から、謹んで伐採作業を行わせて頂きます。


関連記事

category: 街で伐られた木を活用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kinomonodukuri.blog.fc2.com/tb.php/65-fdca382a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。