FC2ブログ

建築と木のものづくり

街で伐られてしまう木を活かす。檜と杉の本当の魅力を提示する。いまここにあるものでつくる、私たちのこの時代、この土地ならではのものづくり。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

いよいよ大物  

n112101.jpg

庭木の伐採作業、いよいよ大物にかかります。
まずは立ち枯れのソロ(シデ)の木。

n112102.jpg

n112103.jpg

ソロの木は樺科の木で緻密で堅い材質。墨流し杢がかなりの確率で出るようです。
立ち枯れでなければ良かったのにとちょっと残念。

n112111.jpg

チェーンソーの刃はしょっちゅう目立て(刃の研ぎ直し作業)をします。木は砂や金気を吸い上げたり巻込んでいることがあり、そういう部位にあたってしまうとチェーンソーの切れ味は急激に鈍ってしまいます。

n112104.jpg

さて、いよいよシンボルツリーの山桜にかかります。

n112105.jpg

倒す前に記念撮影。

n112106.jpg

倒す方向に少々引っ張りながら、、、

n112107.jpg

n112108.jpg

無事、狙った位置に倒れてくれました。

n112109.jpg

n112110.jpg

この木は、製材所に運んで製材し、家具や雑貨に生まれ変わります。それなりに痛んでしまっている部位もありましたが、なんとかやりくりしてみたいと思います。

→山桜が倒れる瞬間(動画)


関連記事

category: 街で伐られた木を活用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kinomonodukuri.blog.fc2.com/tb.php/68-a16da179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。