FC2ブログ

建築と木のものづくり

街で伐られてしまう木を活かす。檜と杉の本当の魅力を提示する。いまここにあるものでつくる、私たちのこの時代、この土地ならではのものづくり。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

山桜の一部を製材  

n112107.jpg

先日伐採作業が無事に終了した山桜、これから製材所に行くのですが、やはり少々痛んでいる部分もありまして、当初期待していたほどの量、木材を採れないという現実にぶつかってしまいました。

n112901.jpg

なので、上の方の枝分かれした幹の痛んだ部分を除けた短い丸太からも、地道に材を採ることにしました。下の方の主たる幹から比べると細いですが、それでも直径40cmはあります。ただ、こう短いと製材の機械にかけてもらえないので、自前でやるしかありません。

チェーンソーで縦割りって、相当にしんどい作業です。おがくずになる量も多いですし、本当は昔ながらの大鋸で手挽きするのが一番なのかもしれません。古道具屋で状態が良いものがあったら入手したいです。

n112902.jpg

痛んでいない部分の木目は、本当に美しい! 少しでも歩留まりを上げるべく、乾燥に伴って発生する割れが最小限になるように、木口に割れ留めを塗って急激に乾かさないようにして、大事に大事に乾燥させていくことにします。

関連記事

category: 街で伐られた木を活用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kinomonodukuri.blog.fc2.com/tb.php/69-14f9beb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。