建築と木のものづくり

街で伐られてしまう木を活かす。檜と杉の本当の魅力を提示する。いまここにあるものでつくる、私たちのこの時代、この土地ならではのものづくり。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

世田谷区桜新町の木、山と積まれて。  

今年の2月に世田谷区桜新町のマンション建設現場で伐られたたくさんの木々、棄てられるところを回収して、そのうち1/4は東京(青梅)で、3/4を岐阜県の高山市の製材所に送っていました。

0525kanemoku01.jpg

先日、高山に送った材の製材が終わったということで、現地にて確認と今後の打合せをして参りました。覚悟していたことではありましたが、製材した材を目の当たりにすると、やはりたいへんな量でありまして(10t車満載分)、今後これらの材をどうするか改めて不安と期待が入り交じった身震いをせずにはいられませんでした。

0525kanemoku02.jpg

うずたかく積まれています (;゚Д゚) 。優に二階建ての床の高さを超えるほど。こんな山が軽く3山。

0525kanemoku03.jpg

近所の人に長年愛されていた山桜。枝分かれした先の部分でこの太さ。桜だけでもかなりの量。この現場では他にソメイヨシノもありました。

0525kanemoku06.jpg

こんな細い材(20cm前後)もたくさん。夏ミカン、ビワ、カキの果樹トリオ。こうした材こそ街の木ならでは。大きな木は大きな木で製材は大変だったはずですが、こうした細かい木を製材するのも本当に手間がかかります。良い仕事をして下さった製材所の方々に大感謝です。

0525kanemoku05.jpg

ちょっとオレンジ色っぽいのがビワの木です。

0525kanemoku04.jpg

樹を伐った植木屋さんによるとムクノキ、とのことでしたが、よくよく見てみるとエノキでした。近い種類ですがムクノキは散孔材、エノキは環孔材なので見分けが付きます。いずれにしても有用な木材です。

0525kanemoku07.jpg

一番の大物、エノキの元玉。80cm前後の幅の板が何枚も採れました。この後の反りや狂いが大人しいことを願います。大きさを活かして一枚板のテーブルにできれば最高ですね。

一期一会でタイミングを外せないということで、半ば勢いで回収してしまった大量の街の木でしたが、こうして木材としての形が見えて来ると改めて身が引き締まる感じがします。なにしろ大変な量ですし。

0525kanemoku08.jpg

それにしても嬉しかったのは、普段毒舌の御師匠が、「面白い」とか「これこそ木工の醍醐味」などと言って下さったことでした。不安がないと言えば嘘になる状況の中でここまでやってきましたが、木工と数十年向かい合ってきたすれっからしの先生にこのように言って頂けたことには、本当に勇気をもらった気がします。

これらの材が天然乾燥〜人工乾燥の過程を経て使えるようになるのはまだしばらく先のことですが、御師匠と一緒に多くの方に、「使いたい!」、「欲しい!」、と感じて頂けるような作品を作れればと思います。

→製材が終わった桜新町の木、動画
関連記事

category: 街で伐られた木を活用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kinomonodukuri.blog.fc2.com/tb.php/76-534b1dcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。